スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの食物アレルギー・最新情報~市民公開講座~

line238[1]

今日から 一週間がスタートしますね (o´・ω・`o)ノ !!

それにしても、昨日といい、今日といい、
またしても 「 夏 」ですか??? っというような、晴れっぷりです

昨日が 秋の運動会っというところも多かったのではないでしょうか?

昨日は京都へ、

● 第11回大連合大会
(日本臨床栄養学会総会・日本臨床栄養協会総会)
―市民公開講座―
 
子どもの食物アレルギー 最新情報 @京都テルサ

しもちゃんも 参加させて頂きました m(__)m

DSC_1193.jpg

▲この時期の京都・・・行楽シーズンと重なり、すごい人でした(汗)
案の定、迷子・・・・になりそうでしたが、お友達からの 的確な誘導の
おかげで、無事に会場へ到着することが出来ました 
(*´∀人)ありがとうございます♪

市民公開講座(京都テルサ)

▲ 今回、講師に・・・・

◆ 同志社女子大学生活科学部食物栄養科学科 教授:伊藤 節子先生
    「〝食べること″を目指した食物アレルギーの治療」

◆ 京都大学大学院医学研究科発達小児科学 准教授:西小森 隆太先生
    「アナフィラキシーへの対応」

◆ 独立行政法人国立病院機構下志津病院小児科 医長:鈴木 修一先生
    「園・学校でのアレルギー食対応」

◆ 神奈川県立こども医療センターアレルギー科 医長:高増 哲也先生
    「子どもの食生活 気を付けるポイント」

ご講演してくださった、4名の著名な先生方のお話しは、
時間がいくらあっても 足りないぐらいに、内容の濃いものでした。
今年は 学会等への参加が難しい しもちゃんにとっては、
「もっと聴きたい!!」内容の物ばかりでした。

聞き逃してはなるものか!的な、感じで メモ&メモを取ってました。
φ(・ω・ )カキカキ・・・
スライドのレジュメが 欲しいーーーっ!! っと思うぐらいでした。
・・・・φ(。。*)メモメモ

★ 今日は 初めにお話をされた 伊藤 節子先生のお話しから~

伊藤先生は ご専門の栄養学の視点から、食物アレルギーについて

・必要最低限の除去が大切(食べる事を目指した治療の大切さ)
・個々の症状により、腸内で吸収される抗原量が変わること
・子どもが自分自身の疾患についての理解を持つことの大切さ
・食生活の変化によって、抗原の変化の移り変わりが見られること
・自己流での除去を続けている事が治りにくくする可能性
・食べれる食品について良く知ること
・・・・・などについて、順を追いながらかみ砕いた言葉でお話しして下さいました。

そして なにより、
「 大きくなっても、治療をあきらめずに続けて行くことで、
少しづつ 進めて行くことで、治る可能性がある。 」


その 一言が、
完全除去が当たり前で、
食べることをあきらめざる得ない 幼少期を過ごしていた、
我が家の次男の姿と オーバーラップしました。

本当に そうなんです。

諦めずに 治療を続けてきたからこそ、「 必要最低限の除去 」の重要性も
すごくわかりますし、
いまの治療法にも めぐりあえたと思います。

だからこそ、思うんです。

もしも あの頃・・・・
希望も失いそうなときに、アレルギーっ子のママ達のみんなや
周りのドクターの支えや助言がなかったら・・・・
・・・・そう思うと、怖くなります。
きっと 今 現在、ここまで食べれるようになった次男は
いないと思います。

親が くじけそうなときに、かけてもらえる温かい言葉や
しんどい思いを共有できる仲間たち。
我がことのように、喜んでくれるその姿。
時に 悔し事や、涙を見せることがあっても、どんな時も受け止めてもらえる
環境があったからこそ、 ここまで次男と一緒に来れたんだな~・・・って。

伊藤先生をはじめ、諸先生方のお話を通して
あらためて 今まで支えてくれていた人の顔が、次から次へと浮かんできました。

普通の 「 育児 」でも、1人で子どもと向き合うのが
しんどい時はあると思うんです。
そこに 何らかの疾患がプラスされると、さらに しんどさは大きくなると思うんですね。
(もちろん、それ以上に嬉しい事も一杯ありますよ♪・・・ただ、しんどい時って、
その世界にこもっちゃうじゃないですか、私自身は そんな感じだったんで・・・ね。)

そんな自分だったからこそ、周りの人の存在が大きかったんじゃないかな~って。
1人じゃないって言う思いを持たせてもらえたことが、ものすごく大きかったな~って。
っで、実際 ものすごく支えられてきたからね (*´σー`)エヘヘ

あらためて 今まで関わって下さった、みなさんや色んな方々へ
感謝の思いで一杯です。ありがとうございます!!

もちろん!! 「 学びの秋!! 」
思いに ふけっていたわけではありませんよん(*^^)v
キチンと メモをとりつつ、
この日は 子どもの食物アレルギーに関して、色んな情報を頭に入れて来ましたよ~♪

★ 講演2のお話は、また次回に書かせて頂きますね ★ 
(・・・・って、お約束はできませんけどね。
             ハハハ~・・・・ (ノω<;) )

スポンサーサイト

テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

     

コメント

Secre

     
★ お知らせ ★
★お知らせ★

 諸事情により、2月のおしゃべり会はお休みとさせて頂きます。
プロフィール

はすの会
Author:はすの会
はじめまして♪大阪府松原市を中心にアレルギーっ子親の会「はすの会」をさせていただいています。「はすの会」はアレルギーっ子とその保護者の方々を支援し、子どもと共に成長し、楽しみながら子育て&親育ちが出来るようにとの願いを込めて活動させて頂いております。★アレルギーっ子を育てるお父さん&お母さんのこころのよりどころになるような、そんなホッとする会です。


★色々な情報交換だけでなく、芋ほりをしたり、クリスマス会をしたり、子供と一緒に楽しく過ごしています♪

★私たち親の会は医療従事者ではありません。はすの会内での情報選択については、責任は一切負えませんので、ご了承下さい。
★アトピー商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘はお断りです。それら関連の無料セミナー、講演会などもお断りです。判明した場合、即退出処分とさせていただきます。
★はすの会には色々な方が参加されています。医師の指導・治療法の違い、価値観の違いなど、様々あるかと思われます。お父さん・お母さんとしての立場から、お互いに配慮して共感できる、素敵なブログ作りをめざしています♪

Twitter @arerugisimotyan
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
イラスト素材
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Whereabouts of this blog copyright
copyright © アレルギーっ子親の会「はすの会」all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。