スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです♪ 無事に退院しました~(*^^)v

mari4303[1] こんにちは~。またしてもお久しぶりになってしまいました・・・ヽ(゚∇ ゚●

先日の21日(日)~22日(月)まで、長女の急速経口免疫療法の経過観察と、
「 そば 」の食物負荷試験のため、入院しておりました。
本当は 7/23(火)まで入院の予定だったのですが、負荷試験の方も順調に過ごす事が
出来たので 一日予定を早め、22日の夜近くに退院とさせて頂きました。
【コッソリ】'艸')タダイマ★彡

その後、何かと私の方がくたびれていまして・・・

ブログの更新が ノビノビに・・・・ビエエェェ。゚(。ノωヽ。)゚。ェェエエン!!!

mari4307[1] ではでは、今回の入院風景を~~~

DSC_0479.jpg
今年で18年以上もお世話になっている 「大阪府立呼吸器アレルギー医療センター」
ホント、長いお付き合いです。
(なんだか最近、少しきれいにリニューアルされていますよ~♪)
この日も、セミの大合唱にお出迎えされました 
ちなみに、しもちゃん。
「 セミ 」はこの世で2番目に苦手な虫でね。
病院までのわずかな道中の 恐ろしい事~(-_-;)

ten3141[1]
これは 急速経口免疫療法の経過観察(追跡調査)の様子です
page_20130723114723.jpg

2年前の夏休みを利用して、約1か月間「 卵 」の急速経口免疫療法のために
長期入院をしていました。その後の、経過観察&追跡調査のために
この日は ・採血
     ・唾液の検査
     ・プリックテスト
     ・急速経口免疫療法後の生活のQOL調査アンケート などを受けました。

長女は とにかく「採血」&「プリックテスト」が大嫌いでね、
去年までは 本当に手を焼くというか・・・・
先生や看護師さんの手を煩わすというか・・・・

でもさすがに 6年生!!
泣く事もなく、激しく拒否する事もなく、
「 先生たちが、自分の検査結果を研究してくれることで、次の子ども達の役に立てる 」
そんな思いで、心臓バクバク状態で、頑張ってくれていたようです。
(長女も、お姉ちゃんになったもんです !(^^)! )

ten3141[1]

そしてお楽しみの ご飯!!
この日の 昼食は~・・・・

DSC_0504.jpg
・ごはん
・チキンフライの野菜添え
・豆腐の炒り煮
・小松菜の磯和え

もちろん、美味しい昼食に 長女も完食です!!
そして3時には、おやつも♥

今回、お部屋には提供される病院食に関して
こんなお知らせが掲示されていました (*^^)v

page_20130723114845.jpg

入院されている子どもさんの年齢も様々ですが、
アレルギーのもととなる、アレルゲンも様々です。
そのため 病院内では、主治医の指示通りに作られた、献立が配食されています。

1人1人に、献立表(食札)が付いてくるのですが、
献立表を保護者の方達や、少し大きくなった子ども達が確認が出来る様に工夫されていました。
自分の身体について、自分自身が良く知るために
とっても いい機会にもなるように思います。

mari4306[1] なんだかね、こうして病院も、
病院内の1つ1つをとっても、日々 患者さんや子ども達のことを思い、
進化してくださってるんだな~っと、長い期間この病院に通う
1人の親として、改めて思い 感謝の気持ちで一杯になってしまいます。

しもちゃんチの次男が、幼い頃 
初めて アナフィラキシーショックを起こしたとき、
救急搬送された先の病院で、入院拒否にあいました。
理由は 「 入院したとしても、食事の用意(アレルギー対応のミルクや幼児食など)が出来ない 」からでした。
そんなこと言っている場合じゃないのに・・・です。

ひとまずその時、点滴と酸素をつけ、当時 唯一、対応可能な
大阪府立呼吸器アレルギー医療センターへ搬送してもらいました。
(当時の名前は 大阪府立羽曳野病院ですけどね)

当時は負荷試験をしている病院自体が非常に少なく、
血液検査のみで「食べれる・食べれない」の判断をすることが当たり前の時代で、
当然、次男はマルチアレルギーで、ほとんど一般食は除去の状態でした。

その時 初めて、この病院の小児科へ入院し
あまりのアレルゲンの多さとぜん息の症状に、そのまま長期入院となりました。

長期入院は母子共での入院でしたので、その時から「アレルギー」の「ア」の字から始まる
次男の治療と 私の勉強がスタートしました。
同病院で、当時も皮膚科には通っていたのですけれどもね・・・

こうして 当時の事を思い出すと、
本当に 長い間アレルギーと 付き合ってきたんだな~っと、
なんだか ものすごく 感慨深いです。

病院や先生方をはじめ、病院の皆さんに支えられながら、子どもと共に
涙あり、笑いあり、時には怒りあり、苦しみもあり、そして喜びあり~っで、
成長してきたんだな~っと、思います。

さてさて、次は「 そば 」の負荷試験の様子をUPしたいと
思います。

そして、久々のブログへのUP&長文への、お付き合い・・・
  
(人∀≦+))「有難う御座いました♪」









 
スポンサーサイト

テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

     

コメント

Secre

     
★ お知らせ ★
★お知らせ★

 諸事情により、2月のおしゃべり会はお休みとさせて頂きます。
プロフィール

はすの会
Author:はすの会
はじめまして♪大阪府松原市を中心にアレルギーっ子親の会「はすの会」をさせていただいています。「はすの会」はアレルギーっ子とその保護者の方々を支援し、子どもと共に成長し、楽しみながら子育て&親育ちが出来るようにとの願いを込めて活動させて頂いております。★アレルギーっ子を育てるお父さん&お母さんのこころのよりどころになるような、そんなホッとする会です。


★色々な情報交換だけでなく、芋ほりをしたり、クリスマス会をしたり、子供と一緒に楽しく過ごしています♪

★私たち親の会は医療従事者ではありません。はすの会内での情報選択については、責任は一切負えませんので、ご了承下さい。
★アトピー商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘はお断りです。それら関連の無料セミナー、講演会などもお断りです。判明した場合、即退出処分とさせていただきます。
★はすの会には色々な方が参加されています。医師の指導・治療法の違い、価値観の違いなど、様々あるかと思われます。お父さん・お母さんとしての立場から、お互いに配慮して共感できる、素敵なブログ作りをめざしています♪

Twitter @arerugisimotyan
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
イラスト素材
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Whereabouts of this blog copyright
copyright © アレルギーっ子親の会「はすの会」all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。