スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーサマースクール@大阪府立呼吸器アレルギー医療センター

otama2[1] 今日は朝から 本当によく雨が降っていますね。
「 降っている 」なんてかわいいものでもなく、ひどいところでは
土砂災害も発生しているようで・・・本当に、大変です。
どうかみなさん。河川の急激な 増水や、地盤の緩みやすい場所には充分 お気を付け下さいね。  poya3[1]

さてさて、もう一学期も、残すところわずかになって来ましたね。
なんてったって、あと数日で 7月ですもん♪

しもちゃんチの子どもも、夏休みを利用して 食物アレルギーの負荷試験入院や、
急速経口免疫療法の追跡調査?などで、入院する日があります。

みなさんの おうちではどうされていますか?

小学生でも、高学年になればなるほど なかなか負荷試験入院に時間を割くとこが
難しくなってきますよね。
「食べれる閾値や、食品数などは小学校入学までに、できるだけ増やせることがいい」
と、よく言われますが この「小学校入学までに~」のくだりは、本当に意味が深いです。

重度のアレっ子を2人育ててきた、しもちゃんが言うのはなんですが、
本当に 色んな意味を含んで、その通りだと思います。
(箇条書きにして書きだしたいぐらいですm(__)m )

夏休みを利用しての 治療は、なにも食物アレルギーだけに限った事では
ありませんよね。同じく、長期にわたって気長にコントロールが必要な、
ぜん息もそうですし、アトピー性皮膚炎もそうですよね。

今日は いつもお世話になっている 大阪府立呼吸器アレルギー医療センターで
夏休みを利用して 開催されている

「 アトピーサマースクール 」 のお知らせをさせて頂きますね。

otama1[1]

大阪府立呼吸器アレルギー医療センター
「 アトピーサマースクール 」
  iennpitu2[1]

DSC_0293.jpg

●大阪府医師会の調査では、アトピー性皮膚炎のために学校生活に支障を
きたしている児童生徒が少なくないことが指摘されています。
学校の夏休み期間中、2週間の入院をして、本人と保護者にアトピー性皮膚炎について
正しく理解していただき、症状の早期改善とともにその後も良好なコントロールをしていく
ための指導をします。入院中は、羽曳野支援学校と連携して、夏休みの学習のお手伝いを
するとともに、支援学校での教育相談を受けることができます。

【参加対象】
アトピー性皮膚炎で困っている小中学生本人およびその保護者 
(保護者の方々にも出来る限り都合をつけて受講ください)

【入院場所】
7A病棟(小児科病棟) 
*参加には事前予約が必要です。皮膚科外来(TEL 072-958-2121 代表)までお問い合わせください。
  入院費用については各自治体によって補助が異なります。
  高額医療制度もご利用いただけますのでご相談ください
  入院中の教育相談・教育支援内容については大阪府立羽曳野支援学校 (TEL 072-958-5000 代表)
に直接お問い合わせください。

※日程表等の 詳細は下記の所をclickして下さいね♪

 大阪府立呼吸器アレルギー医療センター皮膚科「アトピーサマースクール」

uzu522[1] アレルギーに精通した医師をはじめ、
連続講座でもお世話になっている、小児アレルギーエデュケーターのみなさんたちから、
子どもも親も、しっかり理解できるように手ほどきして下さいます。しもちゃんチの子ども達も、
スキンケアや外用薬の必要性、そして続けて行くことの大切さなど、たぶん自覚はしているんだと
思うんだけれどもね、でもなかなか~・・・・
なかなか 親のいう事は「 は~い 」とは聞いてくれませんよね(´д`ι)
なおかつ、やってくれませんよね~(涙)

じつは 次男も一度は私をはさんでエデュケーターさんと話をしたのですが、
彼の重い腰を上げるに至りませんでした (´д`ι)
でもね、2回目は 私を抜いて、エデュケーターさんと話をしたんですね。
(もちろん 事前に、話の内容の確認と 事後には次男がどんな思いでいるか、
どういう風に思っていたかなど、きちんとこれからの方向性と共に、親とも話をしますよ)

この2回目を受けたことが、次男にはものすごくよかったようで

それからは 自分から進んで、きちんと皮膚のコントロールなど頑張ってくれています。

子どもも親の言葉は、分かっていても素直に聞けない・耳に入らない・・・
そんなことも 多いと思うんですね。
でも、それを第3者から 伝えられると、案外「 ス~っ 」と入るみたいでね。

私も 「あ~、次男も大人になって来たんだな~・・・」なんて、
チョッピリ 感慨深かったです。

いつまでも親にしてみれば「 子どもは子ども 」なんですけれどね。
そうは扱っていたら ダメなんですよね (///ω///)

本当は 長女をこの「アトピーサマースクール」に入れたいと思っていたのですが、
今年の夏は見送っています。負荷試験での入院もあるし、
長女を見ていると、まだ気持ちがそこにまで行っていないのもわかるからです。
また、タイミングをみて 考えて行こうと思っています♪











 


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

     

コメント

Secre

     
★ お知らせ ★
★お知らせ★

 諸事情により、2月のおしゃべり会はお休みとさせて頂きます。
プロフィール

はすの会
Author:はすの会
はじめまして♪大阪府松原市を中心にアレルギーっ子親の会「はすの会」をさせていただいています。「はすの会」はアレルギーっ子とその保護者の方々を支援し、子どもと共に成長し、楽しみながら子育て&親育ちが出来るようにとの願いを込めて活動させて頂いております。★アレルギーっ子を育てるお父さん&お母さんのこころのよりどころになるような、そんなホッとする会です。


★色々な情報交換だけでなく、芋ほりをしたり、クリスマス会をしたり、子供と一緒に楽しく過ごしています♪

★私たち親の会は医療従事者ではありません。はすの会内での情報選択については、責任は一切負えませんので、ご了承下さい。
★アトピー商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘はお断りです。それら関連の無料セミナー、講演会などもお断りです。判明した場合、即退出処分とさせていただきます。
★はすの会には色々な方が参加されています。医師の指導・治療法の違い、価値観の違いなど、様々あるかと思われます。お父さん・お母さんとしての立場から、お互いに配慮して共感できる、素敵なブログ作りをめざしています♪

Twitter @arerugisimotyan
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
イラスト素材
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Whereabouts of this blog copyright
copyright © アレルギーっ子親の会「はすの会」all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。