スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきらめないで

snowman003[1] 
  みなさん、こんばんは~。 毎度おなじみ しもちゃんです!!
今日もとっても 寒かったですね。
 
むか~し(?) ぜん息の症状が中~重症だった次男。
まだまだコントロールのついていなかった 幼い頃。
この時期って しんどかったな~っと、つい懐かしく思います。
(今は 時間をかけてコントロールができたおかげで、発作知らずですけれども !(^^)! )

今日は 狭山市のアトピー・アレルギーサークルさんの「smail・smail」さんの
最終講座に 会員さんと共に 参加させて頂きました。
(本当に いつも ありがとね~っ!!)

いつも本当に素敵な講座を開催されていて、参加させてただくたびに
感じる事がたくさんあります。

今回の講座に参加させて頂いて、ふと 自分の子ども達の昔を思い出しました。
なんだか 普段は忘れているんだけれども、つい10数年前の事を思い出し、
感慨深かったです。

講座の中で ぜん息をはじめ、アレルギー疾患のお話が出たのですが

しもちゃん、次男が 一歳に満たない頃から このぜん息をはじめ、アレルギー疾患には悩まされました。

当時は 今のように標準治療、ガイドライン的なものが確立されておらず
(あったのかもしれないですけれども、しもちゃんの住む地域では行きわたってはいませんでした。)

本当に「暗黒時代」とでもいうのでしょうか・・・

今だったら信じられないような 治療法も横行しているような時代でした。

当時、アトピー性皮膚炎にも食物アレルギーにも、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎にも悩まされては
いましたが、
この「ぜん息」には 本当の意味で 苦しまされてような気がします。

だってね、毎回 発作を出すたびに 「この子・・・死んだらどうしよ・・・頼む!!死なんといて!!誰か助けて!!」
そんな 思いでした。

小さいわが子が2週間に一度ぐらいの頻度で 発作をだし、
初めの頃は 近所の小児科医で診て頂いてはものの、
毎回 点滴が必要で、何とも親の方が 見ていてつらくなるものでした。

もちろん、お薬も頂いてはいましたが
・・・根治治療に結びつくものではありませんでした。
(当時の ぜん息治療は「コントロールをつける→発作の出ない時間を多くしていく→発作が出ない)」ではなく
「対処治療」(とりあえず発作を抑える)というのが主流でしたから、仕方ありませんけれどもね・・・)

そんななか、アレルギー治療の専門医と出会い
今の状態になる事が出来ました。

長い時間はかかったのですが、治療を通して 私自身も勉強する環境をあたえて頂け、
いかに きちんと治療に取り組むことが大切か 身を持って本当によくわかりました。

次男とのアレルギーの歩みを書きだすと、手が止まらなくなるほど
色々 あったのですが、

ただ 言えることは

アレルギー疾患は 慢性疾患であるからこそ、時間がかかってもコントロール(自己管理)が
重要であるという事

そして、アレルギーに精通した専門医(アレルギー科を掲げているだけではダメなんですよ~)に
しっかりと治療・指導していただく事

予防に勝るものはないという事

良くなることを信じて、治療に関しては決して 近視眼的にならない事

治療に関して、医師任せにするのではなく
患者自身がしっかり理解すること

なにより

けっして 諦めない事


しもちゃんチの次男も 時間はかかりましたが、ここまで来れました。

ぜん息については 今は 「間欠型」となってはいますが、
ここ数年、食物アレルギー関係での症状以外での
発作は ほぼ「0」です。

今は 予防的なお薬も、ステロイドも なにも使用しなくても
毎日 発作知らずです。

なんだか
今夜は 経験談的な事を つれつれと 書いてしまいましたが、
もしも この時代 標準治療に出会えておらず
もしも 苦しい思いを抱えている方がいらっしゃったなら・・・・

過去の自分も 同じくそうだったから、良くわかります。

ぜん息はキチンとガイドラインに沿った標準治療に出会い、
自己管理(コントロール)さえできれば、決して怖い病気ではありません。

そして、毎晩 発作に悩まさせることなく
ぐっすり眠れる日は 必ず来ます。

だから、大丈夫ですよ。
焦らずに・・・時間がかかったとしても
必ず そんな日がやってきますよ。                fuyu1331_20121211223542.jpg





参考リンク先:  一般財団法人日本アレルギー学会

        :  食物アレルギー研究会









スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

     

コメント

Secre

     
★ お知らせ ★
★お知らせ★

 諸事情により、2月のおしゃべり会はお休みとさせて頂きます。
プロフィール

はすの会
Author:はすの会
はじめまして♪大阪府松原市を中心にアレルギーっ子親の会「はすの会」をさせていただいています。「はすの会」はアレルギーっ子とその保護者の方々を支援し、子どもと共に成長し、楽しみながら子育て&親育ちが出来るようにとの願いを込めて活動させて頂いております。★アレルギーっ子を育てるお父さん&お母さんのこころのよりどころになるような、そんなホッとする会です。


★色々な情報交換だけでなく、芋ほりをしたり、クリスマス会をしたり、子供と一緒に楽しく過ごしています♪

★私たち親の会は医療従事者ではありません。はすの会内での情報選択については、責任は一切負えませんので、ご了承下さい。
★アトピー商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘はお断りです。それら関連の無料セミナー、講演会などもお断りです。判明した場合、即退出処分とさせていただきます。
★はすの会には色々な方が参加されています。医師の指導・治療法の違い、価値観の違いなど、様々あるかと思われます。お父さん・お母さんとしての立場から、お互いに配慮して共感できる、素敵なブログ作りをめざしています♪

Twitter @arerugisimotyan
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
イラスト素材
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Whereabouts of this blog copyright
copyright © アレルギーっ子親の会「はすの会」all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。