スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れがちな口腔アレルギー症候群

a2_20150422101205203.gif

こんにちは。 しもちゃんです♪
今日は 久しぶりに、さわやかな天気ですね。
さやわかなお天気とはうって変わり、しもちゃんチの
次男&長女は 風邪でダウンしております・・・ ( ;∀;)

何故、今頃?・・・っという気落ちを抑えつつ~(笑)
& 長男だけにはうつさないよう気をつけて・・・
今日も自宅作業で頑張ります!!

しかし、1人で引きこもりの自宅作業。

何かを制作するときは 『ウキウキ♥』しているのですが、
書類作成は 正直、気分が落ちることも多々あります。(←自分の頭の悪さにw)
でももう そろそろ紫外線量も多くなるので、
この自宅作業、シミ爆弾を恐れる私には、
ちょうどいいタイミングかもですね ( ●≧艸≦)


w-line7.gif

先日は 子ども達の診察日でした。

病院は季節の変わり目、気圧の変化の多い時期・・・っという事もあり
少し ぜん息系の子どもさんが多かったように感じました。
次男と長女の通う、この大阪府立呼吸器アレルギー医療センターは 
南大阪でもアレルギーの診断治療に関して、拠点病院の役割を担っています。

しもちゃんチも、かれこれ20年近くお世話になっております。

始めは次男のアトピー性皮膚炎で皮膚科にお世話になっていました。

その後、次男が1歳半ごろに初めてアナフィラキシーショックを自宅でおこし、
そこから小児科にもお世話になりだしたのですが、
もし 違う病院にかかっていたら、いまごろ次男はどうなっていたんやろう?っと
考えない日はありません。

当時は 血液検査を基に、アレルゲンの完全除去をする っという治療法が
主流でした。
アレもコレも、様々なアレルゲンに対して反応が高かった次男にとって、
そのすべてを除去して食生活を送るということは、成長も阻害するし、
日常生活も非常に負担が大きいものでした。

そんな中、起きた自宅でのアナフィラキシーショック。
それをきっかけに、小児科での母子長期入院がはじまり、
今まで除去すべきとされていた食品に関しての
負荷試験を行う事となりました。 

そしてそこで それぞれの食品の摂取量を見極め、
今でいう「緩徐法」でのやり方で 入院中も退院後も
自宅や病院で摂取量を増やしていく。・・・っという日々でした。

毎日、食物日誌を書き、診察日には主治医と相談して摂取量の調節をしたり、
次の負荷試験では、何を負荷するか判断していただいたり・・・・

最近までは、月1通院 &長期休み(春休み・夏休み・冬休み)は
ほぼ 入院負荷試験でした。
(オマケにぜん息での通院&入院もありましたけど・・・(;^_^A )

でもね、そうして 次男が食べれる物、食べても安全な量を少しずつ
増やす事が出来ました。
高校2年でした急速経口免疫ロ療法も含めて、
ここまで 長きにわたり、次男の治療と成長に
伴走して下さった 医師をはじめ、病院スタッフのみなさんには
心から 感謝です。

まだ当面、次男の負荷をはじめアレルギーの治療は続きますが
それでも 過去に比べると、次男の今の生活は 
かなり質が向上しています。

そんな次男ですが、実は 口腔アレルギー症候群でもあり、
コチラの 研究にも参加する事となりました。

DSC_0066.jpg

「 りんご(生) 」は、アナフィラキシーの既往歴があるのですが、
ふと思えば、次男はけっこう 果物とかもダメでした (´д`ι)

りんごはもちろんのこと、、、、

・メロン ・モモ ・梨 ・キウイ ・さくらんぼ 
・びわ ・なすび ・山芋・・・ 等々

リスクの高いアレルゲンや、生活に支障をきたすアレルゲンでは
なかったので、あまり気に留めてなかったのですが、
こちらの方も 今後、他の患者さんの治療に役立てばと思い
参加させて頂こうとおもいます。

もちろん 次男も自分自身のアレルギーの状態を知るうえで
大事な事なので、頑張る気マンマンです(笑)

今日は 改めて 

『 どの病院のドアをノックするか? 』 

子どもにとって その事が、
今後送る人生に どれだけ影響する事か。
誰のため、なんのための病院選びなのか。

など、、、、色々と感じ、思う 一日です。





スポンサーサイト

テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

     

コメント

Secre

     
★ お知らせ ★
★お知らせ★

 諸事情により、2月のおしゃべり会はお休みとさせて頂きます。
プロフィール

はすの会
Author:はすの会
はじめまして♪大阪府松原市を中心にアレルギーっ子親の会「はすの会」をさせていただいています。「はすの会」はアレルギーっ子とその保護者の方々を支援し、子どもと共に成長し、楽しみながら子育て&親育ちが出来るようにとの願いを込めて活動させて頂いております。★アレルギーっ子を育てるお父さん&お母さんのこころのよりどころになるような、そんなホッとする会です。


★色々な情報交換だけでなく、芋ほりをしたり、クリスマス会をしたり、子供と一緒に楽しく過ごしています♪

★私たち親の会は医療従事者ではありません。はすの会内での情報選択については、責任は一切負えませんので、ご了承下さい。
★アトピー商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘はお断りです。それら関連の無料セミナー、講演会などもお断りです。判明した場合、即退出処分とさせていただきます。
★はすの会には色々な方が参加されています。医師の指導・治療法の違い、価値観の違いなど、様々あるかと思われます。お父さん・お母さんとしての立場から、お互いに配慮して共感できる、素敵なブログ作りをめざしています♪

Twitter @arerugisimotyan
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
イラスト素材
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Whereabouts of this blog copyright
copyright © アレルギーっ子親の会「はすの会」all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。