スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末はアレルギー大学でした♪@京都

w105.gif 
      w104.gif



こんにちは&こんばんは~
毎度 おなじみ、しもちゃんです (●≧з≦)っ

ここの所、すこ~し忙しく感じております。
週末も アレルギー大学を受講するため、
奈良県経由での京都入りでしたし、今週も 予定がミッチリ状態なので、
また どこかで 『 遊びたい病 』にかかるんではなかろうか?っと、
ヒヤヒヤしています (笑)

いや~、今回の京都入り。
迷子にならないように、下調べしたんですが
甘かった!!(ノω・、)

ハイ!!今回、電車は乗れました!!←駅員さんに二度ほど教えてもらいましたが、
ちゃんと到着しました!!~('v')ウフフ~♪

っでね、駅からが問題で・・・・
スマホで地図を確認しながらなのに、あらぬ方向へ
ひたすら歩いていたという・・・・(汗)

あまりに おかしいので、途中、開店準備中のお店の方に
教えていただくと・・・全然 違うやんっ!!Σ(Д゚;/)/

また駅まで戻り、そこからは 間に合う事を祈りながら、
ひたすら ダッシュ ε=ε=ε=(((((ノ`・Д・)ノ


はい。
無事 間に合いました。。。。

時間に余裕をもって、出かける事の大事さを 痛感すると同時に、
無駄にしている時間のもったいなさに、涙もチョチョ切れそうです (T_T)

なんで 毎回こうなるのか・・・?
本当に わかりませんが、
正直 自分では笑えないぐらいに、毎回 うんざりしているんです・・・(涙)


line21.gif

だんだん アレルギー大学の基礎・初級編も終盤に近付いて来ました。

▼ 今回の会場は ココ

DSC_2623.jpg

講師は 食と農のコンシェルジュGraine種の代表であり、
宇治田原町立保育所の栄養士でもあられる 
伴 亜紀先生 が午前・午後共に
講義と調理実習をして下さいました。

アレルギー大学①

▲ これは 私たちのグループでの調理出来上がり~♪写真
久しぶりに アレルギー対応ミルクの 飲み比べもしましたよ(#^.^#)
おかゆも 各グループごとに水分量の違う物を作り、出来上がりを1つづつ試食しました。


アレルギー大学②

▲ こちらは師範台での調理されたものです。
伴先生が 各グループでは調理しなかった間の月歴期の
離乳食を作って下さいました。

こうして 月齢ごとの離乳食を並べてみると、
子ども成長に合わせて 形状も舌触りも、水分量も
味も、全てが少しずつ変わっていくことに 気が付きます。

この 「 子どもに合わせて、少しずつ・・ ・」っていうところがとっても大事で、
この微妙な さじ加減は、やはりその子どもと接する機会の多い人間でないと
わからないと思います。

1人1人の成長に合わせた離乳食の進め方は、
アレルギーを持つ、持たない関係なく、すべての子どもにとって
非常に大事なことだと よくわかりました。

しもちゃんは 長男が幼い頃、経管経腸栄養法(鼻注)だったので、
鼻注で栄養を摂る事と、ペースト状でも口から栄養を摂る事の差を
身をもって実感しています。

明らかに、後者での栄養摂取に切り替わってからの方が、
本人の「人生を生きている感」を感じる事が出来ましたし、
なにより 目の輝きが違いました。
そして 少しづつではありますが、身体が強くなりました。

咀嚼は出来ませんが、それでも「 口 」から食べる事が、
どれだけ 人間にとって重要な事なのかは よく理解していましたが、
改めて、伴 先生の講義を受講し、その感覚が間違いでなかった事に
気づく事が出来ました。


この日は、朝5時起きの しもちゃんでしたが、
伴先生の 講義が、あまにも素晴らしくって、
ガッツリ 目を明け、耳をたてて~
一言も漏らさないように 午前・午後共に受講しておりました。

あらためて すべての人にとっての 「 食 」の意味深さ、
そして 生きていく上での大事さを考える事が出来ました。

でもね、、、
食事って、毎日毎日の事だから
つい おざなりにしてしまう事もあると思うんです。
だって、食育指導士の私でも そうですもん。

こんなん書いていいのか、わかりませんけど・・・

世の中のお母さんも、体調悪い時もあるやろうし、
どうしても出来ないときもあるやろうし、
したくないときもあると思うんですよ。

それはそれで良いと思うし、無理したらアカンと思うんですね。

でも「食」の大事さや意味深さを知っている事で、
出来る時の一回を、すごく大事に扱えると思うんです。

最後に 伴 先生がおっしゃっていた

「 食べる事は 栄養を補給する事だけではありません。
美味しい物を食べる事も大切ですが、
気持ちが 『 美味しい 』 と感じる食事を大切にしていただく 」


その通りだと思います。

アレルギーがあろうが、なかろうが・・・
きっと気持ちが『 美味しい 』と感じる食事をすることで、
その人の人生は 何倍にも豊かになるんじゃないかと、
昨日は 深く深く~ 感じさせて頂けた一日でした。

100%完璧に~・・・なんて、無理かもしれませんが

一日でも多く、子どもも 私も、そう感じて生きれるように・・・
日々を大事に過ごしたいな~っと思いました。



★ 素晴らしい時間と、深い学びの機会を作って下さった
NPO法人アレルギーネットワーク京都 ぴいちゃんねっとのみなさん。
本当にありがとうございました!!

そして 認定NPO法人 アレルギー支援ネットワークのNさん。
色々とお話を聴いて頂き、そしてアイデアも頂き、ありがとうございました♪
まだまだ 未熟ですが、これからも頑張りますっ!!(*^^)v















 
スポンサーサイト

テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

     

コメント

Re: 感激しました。

MT様

ブログを読んで頂き、コメントまで頂き、
ありがとうございます。ヽ(*´∀`*)ノ~♪

本当に素晴らしい一日でした。
ご一緒させて頂けたグループの方々とのお話しも楽しかったですし、
いろんな立場の方のお話しもお伺い出来て、勉強になりました。

受講も残すところ、あとわずかで、非常にさびしいく感じているしもちゃんです。
また機会があれば、是非 お茶でも行きたいですね♪

次回、またお会いできることを楽しみにしています!!

by しもちゃん


> しもちゃんへ
> 昨日は、お疲れ様でした。
> 伴先生の講義は、素晴らしかったですね
> 基本がいかに大切なのかを考えさせられました。
> しもちゃんと又色々とお話しがしたいですね!
> 来年の講義が終わったら、時間が許すならお茶でもしたいですね!

感激しました。

しもちゃんへ
昨日は、お疲れ様でした。
伴先生の講義は、素晴らしかったですね
基本がいかに大切なのかを考えさせられました。
しもちゃんと又色々とお話しがしたいですね!
来年の講義が終わったら、時間が許すならお茶でもしたいですね!
Secre

     
★ お知らせ ★
★お知らせ★

 諸事情により、2月のおしゃべり会はお休みとさせて頂きます。
プロフィール

はすの会
Author:はすの会
はじめまして♪大阪府松原市を中心にアレルギーっ子親の会「はすの会」をさせていただいています。「はすの会」はアレルギーっ子とその保護者の方々を支援し、子どもと共に成長し、楽しみながら子育て&親育ちが出来るようにとの願いを込めて活動させて頂いております。★アレルギーっ子を育てるお父さん&お母さんのこころのよりどころになるような、そんなホッとする会です。


★色々な情報交換だけでなく、芋ほりをしたり、クリスマス会をしたり、子供と一緒に楽しく過ごしています♪

★私たち親の会は医療従事者ではありません。はすの会内での情報選択については、責任は一切負えませんので、ご了承下さい。
★アトピー商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘はお断りです。それら関連の無料セミナー、講演会などもお断りです。判明した場合、即退出処分とさせていただきます。
★はすの会には色々な方が参加されています。医師の指導・治療法の違い、価値観の違いなど、様々あるかと思われます。お父さん・お母さんとしての立場から、お互いに配慮して共感できる、素敵なブログ作りをめざしています♪

Twitter @arerugisimotyan
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
イラスト素材
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Whereabouts of this blog copyright
copyright © アレルギーっ子親の会「はすの会」all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。