スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切に願います。。。。

w139_201606301409590fe.gif

雨ですな~・・・
梅雨時期だから、当たり前やん!っと、言われれば
そんなんですけどね。
今朝も娘と 『 なんか、今年は雨が多いな~ 』 なんて話をしていたもんでね。

たぶん、シトシト降るのと、
ドド―――っ と降るのパターンがあるので、
それでよけいに 『 雨が多い 』 っと感じてしまうのかも知れません。


っで、話は変わりますが、アレルギーに関して法的な部分も含め、
色々と対応や対策が国・都道府県レベルで整いつつある昨今ですが、
(それ自体は、非常にありがたい事ですし、感謝しております。)

ふと、じゃー実際の現場はどうなっているんだろ?

とか

当事者の子ども達や、そのご家族の負担や心配は
軽減されているのか?・・・っと考えてしまいます。

だって、せっかく整備されつつあっても、
各学校や自治体で適切に運用されていなければ、
意味がないでしょ。

幸い、しもちゃんの住む地域は、法整備される前から、
アレルギーに関しては地道に取り組んで下さり、
そして対応や対策も講じてくださっているので、なにも心配はしていません。
そして、有り難い事に、アレルギーに関しての理解を常々深めようと
努力して下さっています。
本当にありがたいです。


ただ ふとね、様々なニュースや報道を見ると
モヤモヤ~っとします。
そして 近隣であったり、他府県の対応についてのお話を
お聞きしたり、目にすると、

『 それって、アレルギー対応・対策なん?
表面だけ取り繕って、実際、子どもや親に負担を更に強いてへん? 
っいうか、余計にリスク高くしてない? 』

・・・などと感じることが多々あります。

どうか、著名な先生方が当事者の安心・安全を思い、
時間と知恵を絞り作成された、食物アレルギー対応に関する
具体的な方針やマニュアル、そしてガイドラインなど・・・
どうか、はき違いせず、だれのために書かれたものなのかを、
そして学校生活の主人公はだれなのか・・・を、今一度
思い考えてほしいと願っています。

私は学校生活における主人公は、
そこに通う全ての子ども達だと思っています。

もちろん、そこに通う
アレルギーっ子をはじめ、様々な疾患や障害を持つ
生徒児童、すべてが主人公だと思っています。

ぜひ、誰のための学校なのか?
そして誰のための、何のための給食なのか?を
今一度、思い考えてほしいと、切に願っています。




w106_20160630143848837.gif





スポンサーサイト

テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

6/26 アレルギー対応食品モニター試食会

r634[1]

こんにちは & こんばんは~♪
そして お久しぶりです 壁|ω`゜)チラッ

昨日の晴天とはとうって変り、
また怪しいお天気になってきた大阪です。

梅雨明け・・・とは、まだまだ行かないものですね^_^;

そんな晴天に恵まれた昨日。
6/26(日)はアレルギー対応食品でおなじみの
石井食品さんのご厚意で、アレルギー対応食品の新製品のモニター試食会を開催しました。

モニター試食会②

1人でも多くのアレルギーっ子や、
そのご家族のために 「 みんなでいっしょに食べる 」 喜びを
提供してくれる石井食品さん。

初めに『どのようにしてアレルギー対応食品が出来るか』や、
『安心・安全・美味しい』を厳守しつつ、当事者の手元に届いてからも
それらが維持されるためにされている事についてなど、いろんなお話しをして頂きました。

一般的に、商品は店頭やネットなどで並び、
消費者は気に入れば購入する~・・・っという流れだと思うんですが、

疾患があるが故かも知れませんが、直接 企業の方との接点を持ち、
また当事者の声にもしっかりと耳を傾け、そしてに商品に取り入れてくださる・・・

へんな言いかたかも知れませんが、商品の1つ一つがまるで
消費者と共に歩んでくれているような・・・・
そんな気がしています。

もちろん、そんなだから 消費者側も
アレルギー対応食品の
一つ1つが 愛おしいんですけどね(人´∀`)~♥


モニター試食会①

この日は、親御さんだけでなく子どもさんのリアル意見も聞きたいという事で、
子どもように 可愛い紙皿も用意~♪

子ども達も
『 ○○は▲▲が多過ぎる~ 』とか、
『 なにこれ!!超美味い!!! 』とか・・・

ワイワイ言いながら試食していましした♪ 


さてさて~、これらの商品。
どのような 『 声 』 として、商品に反映されるのでしょうか?

しもちゃん、ひそかに楽しみにしています~( ´艸`)♪

※石井食品(株)・・・・http://shop.directishii.net/lp/allergy/



futaba3[1]
そして試食会終了後、少しおしゃべりをしていました。

その時でたのが・・・・

今年のクリスマス会はどうするのか?・・・っという事。

ウチの会や法人では、いつも 子ども達のしたい事を出来るだけ取り入れて
イベント事はやっているんですね。
っで、今年は何がやりたいの?っと聞くとね・・・・

『 あ・ば・れ・た・い!! 』 でした(笑)

う~ん・・・わかる。
その気持ち、よーくわかる。

っで、しもちゃん。
それをどうしたら叶えれるかを考え中です。
もちろん、Xmas会として・・・ですよ(笑)

子ども達がワイワイ騒いで、多少 走り回っても文句が言われず、
そして楽しくて、っで、Xmas。

頭の中で、色んな考えやアイデアがグルグルしています。

そして、そんなことを考えているのが一番楽しいです。


line41_20160627141416608.gif

・・・っで、私ごとではありますが、
先日 しもちゃんも無事、1つ歳を重ねることができました(笑)
お祝いメッセージ等下さった方、本当にありがとうございました!!

結構、お年なので
無理は あんまり出来ませんけど、
これからもボチボチ 楽しみながら、
メンバーさんや会員さん達に支えられつつ、
アレルギーっ子やそのご家族の支援、
アレルギーに関しての啓発事業を進めて行きたいと思っています。

これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m










テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

麺好亭(めんはおてい)さんのお米麺♪

illust071172.gif

こんにちは & こんばんは~、しもちゃんです(*^_^*)

今日もいいお天気で、気もちがいいですね~♪

今日は、長男の通う生活介護事業所さんで遠足(?)があるので
朝から、長男用のお弁当を作っていました。

長男はご存じの方も多いと思いますが、咀嚼が出来ません。
ですので、柔らかく炊いたお粥と、ペースト状にしたおかずを
各々 密封容器に入れて持たせます。

・・・・持たせるのは良いのですが、
ウチの長男。。。

見た目は、ものすごく細いし、背もそんなに大きくないのですが、
食欲だけは 大人顔負けなぐらいに食べます(笑)

なので、普段使用しているリュック(着替えなどはいっている、けっこう大き目サイズ)には
当然、入りきれず・・・
別に、お弁当カバン(?)を用意して持たせています(笑)

事業所の職員さんには荷物で申し訳ないのですが、
背に腹はかえれないので・・・・(´д`ι)

っで、長男は遠足。
そしてウチの長女はと言うと・・・

本日、授業参観があるのですが、こちらは
ただいま 絶賛反抗期中ですので、
朝から

『 絶対に来なくていい 』 とのコト・・・・

おもわず、カチンっと来たのですが、

『 まぁ~、休みをもらった・・・っと思おう~ 』 っと、頭を切り替え、過ごしています。


さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、
先日 近所のスーパーで手軽なお米麺を見つけたので、
お知らせを~♪

米麺

次男や長女、それに私の大好きな米麺!!
しかも大好きな、フォー麺そっくり!!

1つづつの個包装になっていて、おまけに
お値段も手ごろで、スーパーで買える!!
これは、しもちゃん的に すごーく嬉しいっヽ(*´∀`*)ノ~♥

オマケに たれも販売されていてね、

タレ

いや~、まじめに
タレの別売りは、助かります!!

麺の発見もさることながら、こちらの企業さんのHPを拝見すると、
タレが お醤油がOKだと比較的食べれるかな?っというものが多くて
嬉しくなりました(≧∀≦)

これから向かえる 夏本番
しもちゃんチでも、大活躍してくれそうな予感です♪

※詳細・・・・株式会社フードリエ http://www.foodlier.co.jp/products/menhaotei_01.html

タレ①


注) ご紹介させていただいた商品は、アレルギー専用のラインで作られたものでもないですし、
アレルギー対応食品でもありません。微量のアレルゲンの混入で症状が誘発される事も
考えられるで、喫食される場合はメーカーにお問い合わせ・医師と相談の上、
自己責任でお召し上がりくださいね。



テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

新入学・入園時の参考に

illust-sinple5.gif

こんにちは&こんばんは~(*^_^*)
めずらしく連日更新ができそうな、しもちゃんですwww

いや~、、、
昨日 投稿した記事。読まれました?
今朝ね、改めて読んでみると、なんと誤字の多いこと・・・・

穴があったら入りたいぐらい、はずかしい・・・・です(≡ε≡;A)
ほんと、読みづらくってスミマセン。

ひとまず、笑って誤魔化しておこうかと思っています。
ハハハ~・・・・・・・(=ェ=`;)シーン


さてさて、もう3月にも入り、来月には新入学・入園を迎える
アレルギーっ子ちゃんも多いのではないかと思います。

もちろん、その中にはエピペン®を所持している子どもさんも多いかと思いますし、
入学・入園前にはアレルギーに関しての対応対策を含め、学校管理職等と
面談をされる保護者の方も多いかと思います。

しもちゃんも開催するおしゃべり会などで、お母さん方とよくお話しするのですが、
まずは何をもってしても、緊急時の対応をキチンと話合って下さいとお伝えしています。

学校内における、緊急時の対応がちゃんと子供の症状等に合わせて、
組まれているか?そしてシュミレーションされているか?またそれらの
情報はキチンと保護者と共有・理解が出来ているか?

また持参したり、学校用として預けているエピペン®の保管方法なども、
学校、保護者共に共通理解しているか?・・・などなど・・・

※特に、エピペン®は 『すぐに取り出せ、使える』ことが大事なので、
教室などに保管する場合は、移動の際は教室に鍵をかける学校も多いので
(教室~運動場、教室~別教室など)保管の際は、
命を守るためのエピペン®が有用に使用できるかどうかも考慮し、
保管場所を決めて下さいね。


ちなみに、しもちゃんチの長女(中2)の場合は、小学校低学年の時は
自分用の一本を毎日持参し、職員室で先生に預け、校長室で保管していました。
下校時には また職員室により、先生から受け取り帰宅していました。

ちょっと面倒かな~?とも思ったのですが、長女が
『エピペン®の必要な子ども』だという事を、毎朝、先生に手渡す事で、
全職員に名前と顔を一致してもらいたい。っという思いと、
少し理解の難しい低学年時代に、イタズラなどから
起こる事故を防止したかった。 という思いでそうしていました。
もちろん、校外学習などの際は自分用・学校用の2本持ちでしたケド・・・

中学生の今では、自分で持ち歩く用の一本と、学校保管用の一本の、
2本持ちで対応しています。

子どもや親御さん、そして学校の都合等もあるかと思いますので、
その時折、ケースバイケースで対応してもらえると良いですね~(*^_^*)


また、集団生活などで起こりやすい 「ひやりはっと」の事例集なども
認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんや、
NPO法人千葉アレルギーネットワークさんから出ているので、
そちらも参考にされると良いかとおもいます♪

(各法人名をclickして頂くと、事例集ページに行きます。)


line41_20160308121818c59.gif


※認定NPO法人 アレルギー支援ネットワーク ひやりはっと事例集(2014年版)




line41_20160308121818c59.gif


▼コチラはNPO法人千葉アレルギーネットワークさんが
出されている「食物アレルギーの誤食&ひやりはっと集」
3月末までWEBでダウンロード(PDF)ができます。

20375ced40379f1e8ea26f8e6c287f04-214x300.jpg

※NPO法人千葉アレルギーネットワーク「食物アレルギーの誤食&ひやりはっと集」


line41_20160308121818c59.gif

▼ こちらも参考に

※食物アレルギー緊急時対応マニュアル - 東京都(PDF)

※学校におけるアレルギー疾患対策について - 東京都



 
m-styl53_20160308123911b26.gif 1人でも多くのアレっ子たちが、誤食や事故を起こすことなく、
安心して学校園生活をおくってもらえますように・・・・



テーマ : 食物アレルギー
ジャンル : 育児

あきらめないで欲しいの・・・ぜん息治療。

col3_20160224133704020.gif

こんにちは&こんばんは

すごくお久し振りです。しもちゃんですm(__)m

前回、ブログを更新してから 
約10日経とうとしておりますが、みなさんお元気でしょうか?

巷で流行る、インフルエンザにはかかっていませんでしょうか?


しもちゃんチも、インフルエンザではありませんが、
私に続き、長男も体調を崩したり・・・っと、少々
暗雲が立ち込めております((((((((((((*ノノ)

残す次男&長女や、いかに・・・・
気になるのですが、なんとか
この冬を乗り切って欲しいところです。

さてさて、10日間ほどの間にも
アレルギー週間という事もあり、新聞の
医療欄にも 「 ぜん息 」がとりあげられていました。

(※記事の詳細のリンク先は、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要なのでご注意を)


★ぜんそく(1)気管支鏡使い気道広げる(2016年2月18日)
DSC_0691_20160224120239ab0.jpg


東京都内の女性看護師(37)は、20歳代前半から、
国内外の水泳大会に平泳ぎの選手として出場してきた。
緩和ケア病棟で月の3分の1は夜勤をこなし、週5日は2時間ほどの
練習をする日々。忙しいながらも充実していたが、25歳の時、
夜の寝入りばなに激しいせきや息苦しさに悩まされるようになった。
「たちの悪い風邪」と思っていたが、3週間しても良くならない。
勤務する病院の医師は、ぜんそくと診断した。
(続きは・・・http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/login.jsp?url=%2Fpage.jsp%3Fid%3D130548


★ぜんそく(2)アレルギー反応を抑える(2016年2月19日)
DSC_0696.jpg

「このつらさに一生向き合っていくのだと諦めていました」。
栃木県の高校2年の女子生徒(17)は、振り返る。
生後間もない頃にぜんそくを発症した。ふとしたきっかけで過呼吸や
激しいせきなどの発作に襲われ、入退院を繰り返してきた。
小、中学時代の保健室には、発作が起きた時のために
気管支拡張薬を置かせてもらっていた。
(続きは・・・・http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/login.jsp?url=%2Fpage.jsp%3Fid%3D130594 )


★ぜんそく(3)ダニエキスの免疫療法(2016年2月22日)
DSC_0711.jpg

ぜんそくは日本人の場合、主にハウスダストの中に存在するダニなどの
アレルギーで引き起こされると考えられている。
埼玉医大病院(埼玉県毛呂山町)の呼吸器内科教授の永田真さんによると、
日本は高温多湿な気候に加え、畳敷きの住宅が多く、布団やじゅうたん、
座布団などにもダニが潜みやすい。ぜんそくの症状が夜間から明け方の
就寝時に表れやすいのは、ダニに接しやすくなるためだ。
(続きは・・・・http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/login.jsp?url=%2Fpage.jsp%3Fid%3D130635 )


★ぜんそく(4)他の呼吸器系疾患を併発(2016年2月23日)
DSC_0712.jpg


ぜんそく患者で、少し歩くだけで息が切れるようなら、
別の呼吸器の病気が絡んでいる恐れがある。
東京都内の出版社に勤める白井勝也さん(73)は、
幼い頃からぜんそくに苦しんできた。
大学時代からたばこを1日40本以上吸うヘビースモーカー。
入社から10年余りで後に多数の人気作品を生む漫画週刊誌の創刊編集長となった。
泊まり込みの激務が続いた時は、せきや息苦しさなどに悩まされた。
かかりつけの診療所で発作止めの点滴治療を受けた。
(続きは・・・・http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/login.jsp?url=%2Fpage.jsp%3Fid%3D130687 )


★ぜんそく(5)Q&A 吸入薬 適切に使用を(2016年2月24日)
DSC_0725.jpg


ぜんそく治療の現状や課題について、東北大呼吸器内科教授の
一ノ瀬正和さんに聞いた。
――ぜんそくはどのような病気ですか。
「主にダニなどに対するアレルギー反応で、気管や気管支に
炎症が起きる病気です。せきやたんのほか、ゼイゼイ、ヒュウヒュウと
のど鳴りがして息苦しくなるのも特徴です」
「気管支はゴム管のようなもので、気道の壁に炎症が起きると
壁の体積が増え、気管支の内部が狭くなります。ストローで息をすることを
想像すると分かりやすいと思いますが、内部が広がらないと
かなり苦しい状態に陥ります」
(続きは・・・・http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/login.jsp?url=%2Fpage.jsp%3Fid%3D130736 )



hosi6[1]  読んでいてね、次男の幼い頃とかね、
色々と思い出したの・・・

次男は生後半年過ぎあたりから、ぜん息気味で
1歳の頃には、ゼィゼィー・ヒューヒューの仲間入りをしていていね。

はじめは、ぜん息だとはわからなくてね。

専門医にかかる事もなく、近くの小児科でお薬を頂いたり、
点滴でしのいだり・・・・
(←アトピーで皮膚科の専門医にかかっていたにも関わらず・・・ (´д`ι) )

っで、1歳半頃に食物アレルギーでアナフィラキシーショックを起こして
緊急搬送され、初めて 小児アレルギー専門医にかかったのね。

・・・っで、その時にわかったのね。
「重度のぜん息児」だってことが。

そこから私も頭を切り替えて、自分から進んで
ぜん息のことや、アレルギーのことについて
勉強しましたよ(汗)

もちろん、専門医が病院内でおこなう
「ぜん息教室」などにも参加しました。

当時、主治医がぜん息に関しておっしゃっていた言葉が
記事を読むと思い出されます。

『 小発作が中発作をよび、中発作が大発作をよぶ。
いかにして小発作を起こさないようにするかが、
ぜん息のコントロールをするうえで大切である。 』

『 とにかく発作を起こさない。起きた発作は最小限まで
小さくおさえ、その後発作を起こさにように予防に努める。 』


早期発見、適切な治療。根治を目指し、諦めずにコントロールし続けること。

次男の成長と共に、この20年あまり、
この事がどれだけ大切な事か、
身をもって経験しました。

そして、時間はかかってもその場しのぎの治療に走らず、
あきらめなければ、日常生活が普通に送れるようになることも経験しました。

あの時
『 重度のぜん息児 』 っと判断された次男。

そんな次男も、専門医の指導のおかげで
今では 『 管理の必要がない、99%完治状態 』っとなっています。

もちろん、エピペン®と一緒に
緊急時用としてぜん息のお薬は持っています。

でもここ数年、日常生活で吸入薬を使用することは
ない状態です。


もしも、あの時 専門医に出会わなければ・・・
もしも まだその場しのぎの治療を続けていたら・・・

きっと、いまの次男には会えなかったと思います。

最終日の記事にも書かれていましたが、
ぜん息死はまだ 「 0 」ではありません。

いつか近い将来には 「 0 」という数字を見る事ができますように・・・・
そう祈ってやみません。



hosi4[1]

参考に・・・
良ければご覧くださいね。

★日本小児アレルギー学会・・・・子どもの喘息死ゼロを目指して

★ぜん息(子ども~大人)について詳しくは・・・・

独立行政法人 環境再生保全機構・・・・ ぜん息などの情報館

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

     
★ お知らせ ★
★お知らせ★

 諸事情により、2月のおしゃべり会はお休みとさせて頂きます。
プロフィール

はすの会
Author:はすの会
はじめまして♪大阪府松原市を中心にアレルギーっ子親の会「はすの会」をさせていただいています。「はすの会」はアレルギーっ子とその保護者の方々を支援し、子どもと共に成長し、楽しみながら子育て&親育ちが出来るようにとの願いを込めて活動させて頂いております。★アレルギーっ子を育てるお父さん&お母さんのこころのよりどころになるような、そんなホッとする会です。


★色々な情報交換だけでなく、芋ほりをしたり、クリスマス会をしたり、子供と一緒に楽しく過ごしています♪

★私たち親の会は医療従事者ではありません。はすの会内での情報選択については、責任は一切負えませんので、ご了承下さい。
★アトピー商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘はお断りです。それら関連の無料セミナー、講演会などもお断りです。判明した場合、即退出処分とさせていただきます。
★はすの会には色々な方が参加されています。医師の指導・治療法の違い、価値観の違いなど、様々あるかと思われます。お父さん・お母さんとしての立場から、お互いに配慮して共感できる、素敵なブログ作りをめざしています♪

Twitter @arerugisimotyan
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
イラスト素材
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Whereabouts of this blog copyright
copyright © アレルギーっ子親の会「はすの会」all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。